海外株式情報
躍進するアジア株をはじめ、ロシア、インド、ブラジル、東欧など世界経済の勢力地図は大きく塗り替えられようとしています。このブログでは投資に役立つ情報を提供していきます。

プロフィール

brankee5

Author:brankee5
趣味の英語と株式投資が結びつき、面白いブログが出来そうです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一押しのベトナム

今、ベトナムの経済が急成長している。

ホーチミン証券取引所の株価指数を示すVNインデックス(VNI、日本なら日経平均株価に相当するもの)は2月以降、急上昇している。
ベトナム株式情報(http://viet-kabu.com/)が報じたところによると、VNインデックス3月31日、前日より10.15ポイント上昇、500ポイントをあっさり突破し503.56ポイントになった。VNIが400ポイントを超えたのは2月末で、約1か月で100ポイント上昇したことになる。

ベトナム情報に詳しい株式評論家の木戸次郎さんの著書「億万長者への扉」によると、株式会社化されたベトナムの国営企業は2540社にのぼり、この株式会社化を通じて合計13兆ドン(約8億1800万米ドル)を調達、政府はこのうち12兆ドン(約7億5500万米ドル)の収入を他の事業に投じたという。木戸さんは、「今後数年で1400社が上場する見込み」とも話している。

ベトナム株を注目する人は今のところ、ほとんどいない。特に日本ではそうだ。しかし、こんなときこそチャンスかもしれない。

ベトナムには証券会社が13社ある(注・その後、証券会社に取材したときは、15社に増えてると聞いた)。ひとり1口座しか開設できないという。
取引形態は、原則として対面だけ。電話、ネット取引ができる場合もあるが、かなり制約があるようだ。
現在のところ、口座数は3万2000口座、「そのうち外国人は400ちょっとしかありません」(ナム部長)。海外の投資家で目立っているのは、中国、台湾、英国、米国などで、「日本人投資家はほとんどいない」状況だ。それだけに、「先んずれば人を制す」ことができるかもしれない。
売買単位は10株単位。仮にビナミルクだと、8万5000ドンの10株、85万ドンを出すと購入することができる。日本円だと、たったの6296円だ! 安い!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://brankee5.blog97.fc2.com/tb.php/3-67f69018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。